バストのケア

胸を鍛えて?理想のカップを手に入れる

●胸の筋肉を鍛える

 

 

「胸を大きくしたいっ!」の記事で簡単に触れましたが、胸を大きくするにはまず大胸筋を鍛える必要があります。

 

胸の筋肉が少ないと、脂肪の土台となるものがないのでバストは育ちません。

 

大胸筋を大きくするためにはどうすればいいのでしょうか。
効果的な方法をご紹介します。

 

腕立て伏せをします。10〜15回で限界を迎える程度に強度を設定しましょう。

 

床に手をついて腕立て伏せができない方は、机など手の位置が高くなるものに手をついて行います。

 

逆に床での腕立て伏せが20回30回とできてしまう人は、足の高さを高くします。

 

これで準備は完了です。

 

 

(1) 手の幅を広めにとり、3秒かけて体をおろします。

 

(2) 1秒止めてキープします。

 

(3) 3秒かけて上げます。このとき、腕が伸びきった楽な体勢にならないようにします。

 

これを10〜15回行います。腕ではなく胸を意識して行ってください。
なかなかきついですが、楽をすると筋肉は途端に増えなくなるそうです。

 

 

 

●脂肪を流し込む

 

二の腕のたるみ、気になったことはありませんか?

 

あれはバストの脂肪が流れているのだという説があります。
こんなもったいない話はないですよね。

 

 

お風呂などで二の腕をよく揉み、脂肪を柔らかくします。
それから、手の方向から胸へ向かって脂肪を流し込むようなイメージでマッサージします。

 

 

 

●胸って揉んでいいの?

 

胸をマッサージするという方法には諸説あります。
揉むと大きくなる、揉むと垂れる、下手に揉むと小さくなる……などなど。

 

本当にいろいろな説があって、どれを信頼すればいいのかわかりませんよね。

 

乳腺を刺激するという意味で、マッサージは確かに効果的かもしれません。
ですが、胸を強く揉みすぎると、バストは脂肪ですので垂れたり小さくなったりするでしょう。

 

過ぎたるは及ばざるがごとし、というわけです。