バストのケア

バストアップとダイエットの矛盾

女性の中には、ダイエットに励んでいるという方も少なくないことと思われます。

 

常にきれいなボディラインを維持したいというのは、当然の欲求であるといえます。

 

さて、ダイエットともに良く語られるものには、バストサイズに関するものがあります。

 

「バストアップしながらダイエット」
「バス糸サイズを落とさないダイエット」

 

といったものはよく聞きますが、実際のところどうなのでしょう。

 

・生物として矛盾する

 

胸も大部分は脂肪ですから、原則的に脂肪燃焼によって小さくなります。
ですから、バストサイズを大きくしながらダイエットするということは、生物学的に矛盾をはらんでいます。

 

また、胸を大きくする作用のある女性ホルモンですが、胸を大きくする一方で皮下脂肪を蓄積する効果があります。
ですから、ダイエットとバストアップは両立が難しいのです。

 

・下半身を中心とした運動を

 

いきなりダイエットとバストアップは無理という結論から入りましたが、ダイエットの仕方によっては違った結果になることもあります。
主に、ウォーキングなどの下半身を鍛える有酸素運動をすると、胸の脂肪を消費せずにダイエットしやすいです(絶対ではない)。

 

胸の脂肪をほとんど消費せずにアンダーバスト部分の脂肪が減れば、カップサイズは大きくなり、バストも大きく見せられます。
また、大胸筋を適度に鍛えると、トップサイズが少し大きくなります。

 

・一回太って痩せると・・・

 

「一回太ってから痩せれば、胸が大きくなる」といった話を稀に聞きますが、かなり危険です。
たしかに、胸の脂肪をそのまま維持できればよいのですが、胸の脂肪まで消費すると悲惨な結果になり得ます。
というのも、太って胸が大きくなった後に痩せると、皮だけが残り、胸が垂れてしまうという結果を招きかねないからです。

 

世の中、そんなにうまい話はないので、地道に努力していくことが大切です。